どさんこワイド179

野菜通信〜山菜料理のお店「グランマ」in白老町

2018年4月26日(木)

野菜通信〜山菜料理のお店「グランマ」in白老町

きょうの野菜通信は、白老町にある「山菜料理の店 グランマ」の魅力をご紹介しました。

山菜料理の店 グランマ

【住所】白老町大町3-1-2
【電話番号】0144-85-2870
【営業時間】11:00〜15:00(ラストオーダー14:00)
【定休日】日曜日
  • 特集
  • 特集
  • 特集
  • 特集
    ●山菜日替わり定食 800円
グランマとは、英語でグランドマザーつまり「おばあちゃん」。ここで働く皆さんの平均年齢は77歳です。長年の知恵と自然の恵みを生かした料理を出しています。今回、8年ぶりにお店を取材させていただき、顔ぶれは少し変わりましたが、力を合わせてテキパキと働くエプロン姿は変わりません。

グランマができたきっかけは、徳島県の高齢の女性たちが、地元の山の葉っぱを採取して「つまもの」として出荷する“葉っぱビジネス”を、創業時のメンバーが見学したことでした。「北海道にも宝物がいっぱいある。これを生かそう!」と呼びかけてスタートしました。

日替わり定食でいただける「山菜ごはん」が開店以来の自慢の味です。さらに、この日はとれたてのフキノトウと、ギョウジャニンニクの天ぷらが付いていました。天ぷらとは別にフキノトウの葉を使った酢味噌和えも。
地元のお客さんは、グランマ達の作る料理の味を「上手なお母さんの味」と絶賛します。

11時にお店がオープンすると、入れ替わり立ち替わりお客さんが訪れます。作る人、盛り付ける人、運ぶ人…皆さんの息の合ったリレーが続きます。15時で営業が終了し、ようやく腰をおろします。「家に帰ったら78歳は78歳だけど、ここに来ると50代だね(笑)」と話してくれました。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ