どさんこワイド179

料理にスイーツに!きなこの魅力を再発見!

2018年5月31日(木)

料理にスイーツに!きなこの魅力を再発見!

  • 特集
普段、お餅にまぶして食べたり、牛乳に混ぜて飲む「きなこ」。和菓子だけでなく、調味料として使えば料理のコク&栄養がアップするという便利で美味しい「きなこ」の魅力を再発見です。

ささや大福

特集
●きなこ大福(1個) 180円
【住所】札幌市中央区大通西24丁目
【電話番号】011-688-6827
【営業時間】9:00〜売り切れ次第終了
【定休日】日曜日

札幌・円山にある「ささや大福」は、以前どさんこワイドの中でも“売り切れ必至のお店”としてご紹介した人気店です。定番の「豆大福」「よもぎ大福」と並んで人気なのが「きなこ大福」です。きなこを練り込んだ餅で、黒糖を使ったあんを包み、上からたっぷりのきなこを振って馴染ませ、さらに、きなこを粉雪のように振りかけた一品です。きなこの芳醇な香りを堪能できる大福でした。

(株)坂口製粉所工場

特集
【住所】札幌市白石区米里5条2丁目
【電話番号】011-873-4157

続いて訪ねたのは、北海道のきなこ屋さんとして知られる、大正11年創業の坂口製粉所です。ここで「きなこ」の製造過程を見せていただきました。きなこは、大きな窯の中で大豆をじっくりと煎り、丸ごと粉にします。大豆からきなこになる過程で減るのは水分だけ。イソフラボンやタンパク質、カルシウムなどの栄養も機能もそのまま。健康のサポートをしてくれる成分ばかりです。こうした魅力が評価され、今や和菓子だけでなく色々な商品に使われるようになっています。

WinBee(ウィンビー)

特集
●キナコ(Mサイズ) 500円
【住所】札幌市豊平区平岸3条3丁目1-29
【電話番号】011-557-3542
【営業時間】11:00〜19:00
【定休日】月曜日

そして最近、新たな夏向けの“きなこスイーツ”も話題になっています。去年、平岸にオープンした韓国かき氷のお店「ウィンビー」を訪ねました。オーナーの岸部さんご夫妻が韓国で食べて感動し、多くの人に知ってもらいたいとオープンしました。
韓国のかき氷は“パッピンス”と呼ばれ、最近日本でも人気で、「きなこ」は定番メニューです。韓国のかき氷は、専用マシンで削られたパウダースノーのような食感が特徴です。ミルクたっぷりの氷を専用マシンで削っています。氷の上に、あん、きなこ餅を乗せ、仕上げにきなことアーモンドをトッピング。氷のふわふわ感、ナッツのサクサク感、お餅のモチモチ感…、様々な食感が楽しい新グルメです。

光塩学園調理製菓専門学校

特集
【住所】札幌市中央区大通西14丁目

今回、きなこを手軽に料理に活かす方法を教えていただいたのは、「光塩学園調理製菓専門学校」の田安透教授です。田安さんは今年、国内外の和食の達人が腕を競う「日本料理コンペティション」で見事優勝を果たしました。そんな田安さんが、今回の特集のために、オリジナルレシピを提案してくれました。
きなこをゴマ和えのように使う「野菜のきなこ和え」や、珍しい「きなこの炊き込みご飯」など栄養バランスの良い3品です。


特集
「野菜のきなこ和え」
材料(4人分):キャベツ80g、アスパラ4本、とうもろこし(茹でor生)1/2本、塩少々
和え衣…きなこ大さじ3、水大さじ2、砂糖5g、醤油小さじ1、酢少々

(1)野菜を食べやすい大きさに切り、油をひいたフライパンで炒めます。塩を振って、トレーなどに取り、野菜のあら熱をとっておきます。
(2)ボールで和え衣の材料を合わせておきます。
(3)和え衣に炒めておいた野菜を入れます。


特集
「トマトと長イモのきなこグラタン」
材料(2人分):トマト1個、長イモ180g、牛乳180cc(生クリームでもOK)
きなこ大さじ3、とろけるチーズ100g、パセリ少々

(1)野菜を食べやすい大きさに切り、グラタン皿に並べます。
(2)牛乳にきなこを混ぜて野菜の上にかけ、その上にチーズをかけます。
(3)220℃のオーブンで8分〜10分ほど加熱します。


特集
「きなこの炊き込みご飯」
材料:米2号、水500cc、ニンジン30g、鶏もも肉100g、昆布ひとかけら
調味料…きなこ大さじ3、ゴマ大さじ1、塩小さじ1/2、こめ油(サラダ油でもOK)小さじ1

(1)米はといで30分水に浸けてザルに上げておきます。
(2)ニンジンと鶏もも肉は食べやすい大きさに切ります。
(3)米、ニンジン、鶏もも肉を炊飯釜に入れて水を入れます。
(4)調味料を入れてよく混ぜ、昆布をひとかけら入れて炊飯器で炊きます。


STVどさんこ動画
どさんこアプリ