どさんこワイド179

今日は“うどんの日”達人が厳選!この夏食べたいうどん

2018年7月2日(月)

今日は“うどんの日”達人が厳選!この夏食べたいうどん

  • 今日は“うどんの日”!うどんの達人が厳選する、この夏食べたいうどん!
本日7月2日は“うどんの日”。うどんをこよなく愛するうどんの達人・井上こんさんがオススメする、全国トップクラスと称されるお店や、人気が高まっている“痺れ系うどん”、簡単にできるアレンジレシピ等をご紹介しました。
井上さんは、フリーライターとして雑誌やウェブで食にまつわる記事を執筆する中、全国各地のうどんを年間500杯食べ、自らうどんを打つほどうどんをこよなく愛している方です。

増田うどん

【住所】札幌市中央区南3条西9丁目
【電話番号】011-231-8188
【定休日】木曜日・第3水曜日 ※7月3日(火)〜5日(木)は臨時休業
  • 今日は“うどんの日”!うどんの達人が厳選する、この夏食べたいうどん!
    ●増田肉うどん 800円
  • 今日は“うどんの日”!うどんの達人が厳選する、この夏食べたいうどん!
    ●黒胡椒チキンぶっかけ<冷> 980円 ※季節限定メニュー
中央区役所の近くに5年前にオープン。うどんの達人・井上さんが「全国トップクラス。麺の“つるモチ感”が半端ないです。近所にあったら週一で通ってしまいます。」と絶賛するお店です。
甘辛い牛バラ肉がたっぷりのった看板メニューの「増田肉うどん」や、季節限定の「黒胡椒チキンぶっかけ<冷>」をご紹介しました。
  • 今日は“うどんの日”!うどんの達人が厳選する、この夏食べたいうどん!
井上さんのオススメポイントは、麺を作っている様子が見られる席に座ることや、うどんは先に麺だけを味わうこと。食べる時は、くちびる・舌・のどを意識していただくと良いそうです。

お店では、井上さんが絶賛する“つるモチ感(つるつるモチモチの食感)”の食感を生み出すために、道産小麦粉を4種類ブレンドして使用しています。小麦粉をこねる際の加水率を高めに設定し、生地の熟成温度も通常より高めに設定しています。

自慢のつゆは、道産の昆布や煮干し、数種類の鰹節を使った出汁に熟成醤油を合わせており、スッキリしてキレが良いのが特徴です。

ザンギうどん一久(いっきゅう) さっぽろテレビ塔店

【住所】札幌市中央区大通西1丁目 さっぽろテレビ塔地下1階
【電話番号】011-222-8819
【定休日】不定休
  • 今日は“うどんの日”!うどんの達人が厳選する、この夏食べたいうどん!
    ●ザンギぶっかけうどん 980円
  • 今日は“うどんの日”!うどんの達人が厳選する、この夏食べたいうどん!
    ●坦々ぶっかけうどん 880円
全国的に増えている、ピリッと辛い“痺(しび)れ系”うどんのお店が、札幌にもありました。
今年5月にオープン、ザンギが6〜7コのったボリューム満点の「ザンギぶっかけうどん」が看板メニューです。
お店の隠れた人気メニュー「坦々ぶっかけうどん」をご紹介しました。太くてとても長い麺は、跳ね返るようなコシがあります。
  • 今日は“うどんの日”!うどんの達人が厳選する、この夏食べたいうどん!
  • 今日は“うどんの日”!うどんの達人が厳選する、この夏食べたいうどん!
麺は“きたほなみ”等の道産小麦を2〜3種類ブレンドして使用。跳ね返るようなコシと美しいゆで上がりのため、体重100kgの中村秀輝店長がしっかりと踏んで作ります。

お店オリジナルのラー油は、シナモンを入れた油を熱して唐辛子と合わせることで風味を増しています。白ゴマを使って作る自家製調味料・芝麻醤(チーマージャン)に日高の根昆布等を合わせて、お店独自のピリッと辛い出汁を作っています。

井上さん: 辛さとまろやかさのバランスがとれていて、これからの季節にピッタリのうどんですね。

注目の冷凍うどん

  • 今日は“うどんの日”!うどんの達人が厳選する、この夏食べたいうどん!
札幌市内のスーパーマーケットにも、井上さんが注目しているうどんがありました。
それは、テーブルマークの“冷凍うどん”。井上さんは冷凍庫にいつも常備しているそうです。このうどんは、麺の内側は水分量が少なめで、外側は多めという一番良い水分バランスの状態で急速冷凍しているため、解凍時にゆでたての味が再現できます。
井上さん直伝!冷凍うどんのアレンジレシピ「ツナ缶の冷や汁風ぶっかけうどん」
  • 今日は“うどんの日”!うどんの達人が厳選する、この夏食べたいうどん!
<材料>
冷凍うどん1玉、水280cc、だし入りみそ大さじ1、ツナ缶40g、キュウリ1/2、ミョウガ1/2、すりゴマ小さじ1、ネギ・大葉各適量

<作り方>
(1)キュウリを薄く切り、軽く塩もみします。
(2)冷凍うどんを電子レンジで3分30秒(500Wの場合)温めます。
(3)だし入り味噌を水でよく溶かし、ツナ缶、ミョウガ、すりゴマを入れて混ぜます。
(4)塩もみしたキュウリを入れて冷や汁は完成です。
(5)温めたうどんを水でしめて器に盛り、冷や汁と合わせて大葉をのせて、できあがりです。

達人厳選!お取り寄せできるご当地うどん

井上さんが厳選する、全国各地のオススメうどんをご紹介しました。
 
達人厳選!お取り寄せできるご当地うどん
香川県・日の出製麺所「さぬきの地粉(じごな)生うどん」
【値段】1080円(300g×2)
【お問合せ】0877-46-3882

昭和5年創業、うどんの本場・讃岐の有名店です。営業時間はお昼の1時間だけにも関わらず、平日約200人、休日は400〜500人がうどんを食べに訪れます。そんな人気店のうどんを自宅で食べることができます。

達人厳選!お取り寄せできるご当地うどん
北海道・ホテル第一会館「豪雪うどん」
【値段】518円(生麺2食タイプ 150g×2)
【お問合せ】0136-22-1158

北海道を代表する作物・じゃがいもを使ったうどんです。井上さん曰く、じゃがいものデンプン自体で作っているうどんは、他の地方には無いそうです。

達人厳選!お取り寄せできるご当地うどん
秋田県・稲庭うどん 佐藤養助商店「稲庭うどん グリーンカレー」
【値段】680円(うどん100g・グリーンカレー180g)
【お問合せ】0120-41-1720

日本三大うどんの一つでもある稲庭うどんは、昔は一子相伝でのみ受け継がれていました。
1860年創業の「佐藤養助商店」では、そのうどんをスパイシーなグリーンカレーといただくことができます。夏にピッタリの一品です。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ