どさんこワイド179

この夏行きたい!懐かしくて美味しい「岩見沢」の旅

2018年7月20日(金)

この夏行きたい!懐かしくて美味しい「岩見沢」の旅

  • 特集
今日の特集は、札幌近郊「岩見沢」の旅をご紹介。京都のような風情がある公園や、半世紀以上変わらぬ味を守り続ける名店など、素敵な穴場スポットを巡りました。旅人は、細川たかしさんの愛弟子で、札幌出身の演歌歌手・杜このみさんです。

天狗まんじゅう本舗 駅前店

【住所】岩見沢市2条西6丁目
  • 特集
    ●天狗まんじゅう(赤・白・黒糖) 各95円
  • 特集
まずは、岩見沢駅前にある創業64年の「天狗まんじゅう本舗」を訪ねました。杜さんが「岩見沢に来たら是非食べてみたかった!」というのが、こちらの「天狗まんじゅう」です。町民だけでなく、地方からも買いに来るという看板メニューで、多い日で3000個も売り上げます。
「天狗まんじゅう」の製造工場にもお邪魔しました。あんこは小豆から丁寧に炊き上げ、皮は小麦粉の配合からこだわって手作りし、創業当時から変わらぬ味を守り続けています。あんこ以外の具材も、もちろん手作りで、保存料も使っていません。

メロン農家で完熟メロンをご馳走に!

  • 特集
  • 特集
街の中心部から少し足をのばすと、のどかな田園風景が広がっていました。そこで杜さんが出会ったのは、メロン農家の富沢さんです。ハウスの中を見せていただくと、立派なメロンが育っていました。
メロン作りは大変手間がかかるそうですが、富沢さん一家は30年以上メロンを手掛けているプロフェッショナルです。杜さんはとれたてをいただき、その美味しさに感動していました。
糖度14度以上の美味しいメロン「岩見沢スイート」は、JA岩見沢や岩見沢市内のAコープなどで販売されています。

玉泉館跡地(ぎょくせんかんあとち)公園

【住所】岩見沢市東山3丁目
【お問合せ】0126-24-4255(岩見沢シルバー人材センター)
●茶室 半日5000円※茶器レンタル込(要予約)
  • 特集
  • 特集
街を歩いていると、まるで小京都のような和風庭園を見つけました。「玉泉館跡地公園」は入園無料の穴場スポットです。現在はハスの花がちょうど見頃を迎えてました。園内には本格的な「お茶室」があります。この日集まっていたのは、シルバー人材センターのお母さま達。月に1度はこちらに集まって、お茶を楽しんでいるそうです。「いつもテレビで見てます」と嬉しい言葉をかけていただいた杜さん。皆さんの前で一曲、歌を披露させていただきました。

やきとり三船

【住所】岩見沢市1条西7丁目
【電話番号】0126-24-1788
【営業時間】15:00〜21:00
【定休日】日曜日、祝日
  • 特集
  • 特集
  • 特集
岩見沢駅のすぐ横に、ひっそりとたたずむ名店「やきとり三船」を訪ねました。まだ、陽も高い時間でしたが、すでに地元のお客さんで賑わっていました。昭和40年創業、石炭を運ぶ鉄道の分岐点として町が栄えた50年以上前から、変わらぬ味を守り続けている焼き鳥屋さんです。
地元の皆さん絶賛の焼き鳥は「セイニク」と「モツ」の2種類のみ。どちらも一本100円です。初代が、美唄焼き鳥の元祖ともいわれる「三船」で修業をして、のれん分けしてもらったお店です。
お客さんは「1本」ではなく「10本」単位で注文!それでもペロッと食べられちゃう美味しさです。一度に60本以上焼ける長〜い「焼き台」はいつもフル稼動しています。

7月27日(金)・28日(土)は「どさんこみらいフェス」!

  • 特集
いよいよ来週末7月27日(金)・28日(土)に開催となるSTV「どさんこみらいフェス」。今回の旅人、杜このみさんは28日(土)夜7時〜、イベントのフィナーレに出演します!杜さんの師匠でもある、真狩村が生んだスター・細川たかしさんと、細川たかしさんのモノマネで人気を集める“こぶしたかし(レイザーラモンRG)”と共にイベントのフィナーレを飾ります。お楽しみに!
STVどさんこ動画
どさんこアプリ