どさんこワイド179

グルメサイト編集長に聞く!本当は教えたくない穴場ランチのお店

2018年8月24日(金)

グルメサイト編集長に聞く!本当は教えたくない穴場ランチのお店

  • 特集
  • 特集
きょうの特集は、インターネットグルメ情報サイト「札幌100マイル」の編集長で、これまで道内3000軒以上のお店を取材してきたオサナイミカさんをお迎えし、オサナイさんが本当は教えたくないほど魅力的な札幌市内の“穴場ランチ”をご紹介しました。

教文キッチンVISTA(ヴィスタ)

【住所】札幌市中央区北1条西13丁目 札幌教育文化会館2階 
【電話番号】011-271-2157
【営業時間】9:00〜17:00
【定休日】第2・第4月曜日
  • 特集
  • 特集
    ●鯖のみそ煮定食 920円
  • 特集
オサナイ編集長がこっそり教えてくれた“穴場ランチ”1軒目は、札幌市教育文化会館の2階にある「教文キッチンVISTA(ヴィスタ)」です。
これまで3000軒以上もの飲食店を取材してきた編集長のオススメは、こちらの「鯖のみそ煮定食」です。使っている丸サバは、新鮮で大きく身がしっかりした物を厳選。味噌煮にする前に下茹でする時、酢を加えるのが骨までやわらかく仕上げるポイントです。さらに味噌ダレを加えて弱火で長時間じっくり煮込みます。
その味噌ダレにもこだわりアリ。10年以上もの間、継ぎ足しして作っていて、白味噌なのに八丁味噌のような味の奥深さがあります。
また、定食の副菜や漬物も全て手作りしているところがこちらのお店の魅力です。
  • 特集
  • 特集
    ●スープカレー(特製スープ) 1280円
そしてもう一品、調理長・堤さんオススメの「スープカレー」もいただきました。ふわふわ卵がのったオムライス風のご飯と、スープカレーが合体したユニークな一皿です。特製のルーは、野菜から作るペーストと自家製の香辛料を、鶏ガラベースと合わせました。一般的な中辛よりスパイスが効いていて、クセになる美味しさです。彩り豊かな野菜は、調理長が自らの目利きで買い付けし、旬の食材を厳選しています。チキンも道産を使用し、一度スープで煮込んで味を染み込ませてからカリッと揚げるというこだわりようです。

トリヤコット

【住所】札幌市白石区東札幌2条5丁目3-1
【電話番号】011-833-1585
【営業時間】11:30〜13:30、18:00〜23:30
【定休日】日曜日
※駐車場なし
  • 特集
    ●鶏だしのお茶漬けとおかず2品 790円
  • 特集
オサナイ編集長がこっそり教えてくれた“穴場ランチ”2軒目は、白石区東札幌にある「トリヤコット」です。鶏肉料理を提供するお店で、ランチメニューは自慢の「鶏だしのお茶漬け」のみです。
お茶漬けの上に、鶏の天ぷら、鶏チャーシューなどがのった鶏尽くしの一杯です。旨みたっぷりのスープは、鶏ガラや手羽先を香味野菜とともに6時間煮込んだアッサリ系スープと、鶏や魚介のエキスを閉じ込めた醤油ベースのスープの2種類を合わせて、香り豊かに仕上げています。
  • 特集
  • 特集
お茶の葉もダシに直接加えています。京都から取り寄せた玄米茶で、独特な苦みが味を引き締め、鶏のよい風味を引き立ててくれます。また、かつお節ならぬ「とり節」も入っています。鶏むね肉を乾燥させ、薄くスライスしたもので、より鶏の風味を豊かにします。
夜のメニューの一番人気は、溶岩石の上で焼く「鶏焼き」です。手羽先、ハラミ、むね肉などを、塩と酒に漬け込んでやわらかくしたこだわりの鶏肉料理が楽しめます。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ