どさんこワイド179

意外と知らないアレの名前「クイズ!君の名は?」第3弾!

2018年9月4日(火)

意外と知らないアレの名前「クイズ!君の名は?」第3弾!

  • 特集
きょうの特集は、意外と知らない身近な“アレ”の名前をクイズ形式でご紹介する企画「クイズ!君の名は?」。第3弾は、新品靴下の留め具や、ガードレールの端にある丸まった部分の名前など4問です。
例えば、視力検査で使われる“Cのようなマーク”は「ランドルト環」という名前があります。

Q:新品靴下の留め具

  • 特集
全国チェーンの靴下専門店「靴下屋」の新さっぽろ店店長・小林さんに伺ったところ、あの留め具の名前は「ソッパス」と言います。
ソッパスを日本国内で作っているのは奈良県大和高田市にある「大和鶴金属工業」の1社だけ。年間なんと3億個を製造しています。ソッパスの装着はすべて手作業で行っています。靴下の検品も兼ねているため機械化できない大事な作業だそうです。(※中国産など海外製品もあるので全てのソッパスが大和鶴金属工業の製造ではありません)

Q:犬・猫が治療後に首に巻くアレ

  • 特集
ケガをしてしまったこのワンちゃん。傷口を舐めて悪化させないよう、しばらく首に保護具を着ける必要があります。その保護具の名前について「北海道・どうぶつ医療専門学校」の動物看護師・専攻講師の東先生に伺いました。正解は「エリザベスカラー」です。エリザベス1世の時代の16世紀頃に流行していた、襟(カラー)を立てるファッションスタイルに似ていたことからその名が付けられたそうです。

Q:レジの後、袋を詰める台

  • 特集
  • 特集
スーパーのレジでお買い物をする時に使う物にも色々な名前があるのをご存知でしょうか。まず、お会計をする際にお金を置く台のことを「吟味台」と言います。
また、荷物を詰め込む時に使う「台」にも名前が付いています。コープさっぽろ・にしの店で伺ったところ、あの台は「サッカー台」と呼ばれています。レジを打つ人が 「キャッシャー」、そして袋詰めをする人が「サッカー」と言います。サックとは英語で「袋」のこと。袋詰めする人(=サッカー)が使う台なのでサッカー台と言うわけです。

Q:ガードレールの端の丸まった部分

  • 特集
ガードレールの端の丸まった部分にも専用の名前があります。フェンスやガードレールなどの設計・施工・販売を手掛ける株式会社サッポロフェンス代表取締役社長・本間さんに伺ったところ、ガードレールの端の丸まった部分は「袖ビーム」と言います。建築用語で「袖」とは“両脇の部分”という意味があり、ビームとは「梁(直角方向に力を受ける長い部材)」を指します。
袖ビームはとても重要で、ガードレールが直線のままだと鋭利で車や人が衝突した時に危険です。丸まっていることで衝撃を和らげます。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ