どさんこワイド179

どさんこレコーダー〜最北の宝くじ売り場

2018年12月18日(火)

どさんこレコーダー〜最北の宝くじ売り場

北海道のある場所を定点観察する企画「どさんこレコーダー」今回は、年末の風物詩「宝くじ」の話題です。日本最北の宝くじ売り場に密着し、「夢」を追うみなさんの人間模様に迫りました。

「年末ジャンボ宝くじ」

  • 特集
  • 特集
  • 特集
  • 特集
年の瀬の稚内。海からの冷たい風が吹きつけるマチに、たくさんの「夢追い人」が集う場所があります。そこは、日本で最も北にある「宝くじ売り場」。雪にも負けず、風にも負けず、人々は夢を追い、並び続けます。
訪れたのは12月の大安吉日。18年前から日本最北を謳うこの売り場では、これまでに3回、1億円の大当たりが出たそうです。

開店の10時半から様々なお客さんが訪れます。今年の年末ジャンボ宝くじは、1等前後賞が10億円のもの、1等前後賞が5000万円のミニ、1等前後賞が1000万円のプチの3種類。10枚綴りの連番で買う人や、バラで買う人、1枚だけ買う人さまざまです。皆さんの夢もさまざまで「海外旅行に行きたい」という方や「牛舎を新しく建てたい」という北海道らしい回答もありました。
この日年末ジャンボ「ミニ」を10枚購入した男性は「まず当たることはない。「夢」を買っているんです」と言います。もし高額当選したら家族みんなで豪華客船で旅行に行きたいと話していました。

さらにこの日、驚くような“お客さん”もやって来ました。それは、野生のエゾシカです。お店の方も「こんなことは初めて」ということで、運を運んできてくれたのかもしれません。


◆ご紹介した宝くじ売場
【場所】稚内西條チャンスセンター(稚内市大黒4-7-1)
【営業時間】10:30〜18:00(※昼休み13:10〜14:00)
STVどさんこ動画
どさんこアプリ