どさんこワイド179

最新作!劇団四季ミュージカル「リトルマーメイド」の舞台裏

2018年12月25日(火)

最新作!劇団四季ミュージカル「リトルマーメイド」の舞台裏

北海道四季劇場で12月22日(土)に開幕した人気ミュージカル「リトルマーメイド」の舞台裏に急式アナウンサーが潜入しました。

北海道四季劇場「リトルマーメイド」

【住所】札幌市中央区大通東1丁目
【電話番号】予約センター 0120-489444
【チケット料金】3240円〜10800円
  • 特集
  • 特集
  • 特集
  • 特集
今回、劇場を案内してくれたのはアリエル役を務める若奈まりえさんです。ずばり見所は「海のシーン」。「リトルマーメイド」は、およそ半分が海の中のシーンです。舞台の上でアリエルが泳ぐシーンは感動すること間違いなしです。
その練習を特別に見せていただきました。開幕3日前、ワイヤーに吊るされた若奈さんが舞台稽古をしていました。気持ちよさそうに、優雅に泳いでいるように見えますが、実際は腹筋や背筋を使ってバランスを保ちながらの演技。油断するとクルッと回ってしまうそうです。そんな不安定な状態でも演技ができるように若奈さんは特別な稽古を続けてきました。棒の上にお腹を乗せて、バランスを保ちながら泳ぐ稽古です。これが見た目以上に苦しいんです。
  • 特集
  • 特集
そんな空中を泳ぐシーンは、最新のフライング技術によって支えられています。俳優さんを吊るすワイヤーを動かしているのが舞台担当の仁田野さんです。あらかじめ機械に記憶させた100パターン以上ある動きを適切なタイミングでスタートさせています。4人を同時に動かすこともできるそうです。地道な練習を積み重ねる俳優さんたちと、最新技術を操るスタッフとの息の合った海中シーンはまさに感動モノです。
注目ポイントはもう一つ、アリエルの「かつら」です。海の中の浮遊感を表現するために髪が逆立っているタイプと、陸の上での通常バージョンの2種類があります。
  • 特集
  • 特集
この他にも「海の中の生き物たち」は、まるで本物のような動きをするので驚く方も多いでしょう。こうした生き物たちを作っているのが小道具担当の深沢さんです。本物そっくりの魚たちを表現するためにシルクなどの素材にこだわっています。深沢さんは「空気だけの空間で水の中を表現するのはなかなかの挑戦でした。注目して欲しい!」と話してくれました。

チケットは来年2月までの分はほぼ完売。現在は5月までのチケットを販売していますので、これから観に行きたいという方はお早めに!
STVどさんこ動画
どさんこアプリ