どさんこワイド179

大泉洋さん&三浦春馬さんに福永が迫る!地元北海道で爆笑映画トーク

2018年12月27日(木)

大泉洋さん&三浦春馬さんに福永が迫る!地元北海道で爆笑映画トーク

北海道を舞台にした今注目の映画「こんな夜更けにバナナかよ」に出演している大泉洋さんと三浦春馬さんに福永アナがたっぷりとお話しをうかがいました。
  • 特集
  • 特集
<あらすじ>
大泉洋さん演じるのは札幌在住で難病にかかり車いす生活を送る鹿野靖明さん。そんな彼を支えるボランティア役を三浦春馬さんと高畑充希さんが演じています。自らの夢や欲に素直に生きた鹿野さんと、周りの人々の心の変化を描いた実話です。

大泉さん演じる鹿野さんは筋ジストロフィー(遺伝子の異常で筋肉が衰えていく病気)という難病を抱えています。そのため大泉さんは食事制限や走り込みをして体重をなんと10キロも落として撮影に臨みました。札幌での撮影中、大泉さんと三浦さんのお2人で豊平川の河川敷を約10kmも走ったエピソードも聞かせてくれました。この映画は札幌・旭川・美瑛などすべて北海道ロケ。有名スポットや見慣れた風景が登場するのも魅力の一つです。

ここで福永アナから唐突な質問。「高畑充希さん本当に可愛いですよね〜。好きになっちゃったりしないんですか?」と言うと「よくそんなバカな質問しますね!(笑)」と大泉さん。三浦さんは「共演できて嬉しい気持ちはありますけど、お仕事ですからね」と冷静ですが、大泉さんは「僕は(共演者を)毎回好きになっていますよ。撮影期間中に片思いして終わるの」と話してくれました。

インタビューの最後に2人からメッセージをいただきました。
三浦さん「フレッシュな気持ちで前向きに新しい1年を迎えられる映画になっていると思います。年末年始、ぜひ劇場に足を運んでください。」
大泉さん「筋ジストロフィーという不自由な体でボランティアの方にわがままを言い、でも生きることに必死だった方のお話です。ゲラゲラ笑っている間に気付くとポロッと涙が出るようなあたたかい映画になっています。」

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』は、明日12月28日(金)の公開です。ぜひ劇場でご覧ください!
STVどさんこ動画
どさんこアプリ