どさんこワイド179

腸を温めて免疫力アップ!いま注目の風邪予防“腸温活”

2019年2月6日(水)

腸を温めて免疫力アップ!いま注目の風邪予防“腸温活”

  • 腸を温めて免疫力アップ!いま注目の風邪予防“腸温活”
腸を温めることで免疫力を上げ、風邪予防に効果が期待できる“腸温活”について、東苗穂病院消化器科の星野拓磨先生をスタジオに招いて教えていただいたほか、食事やエステのプロに伺った“腸温活”のポイントもご紹介しました。

今こそ実践!腸温活

  • 腸を温めて免疫力アップ!いま注目の風邪予防“腸温活”
腸はウイルス・ばい菌と戦う免疫細胞の宝庫ですが寒さに弱く、腸を温めると免疫力が有効に働きます。
腹巻きやカイロでお腹まわりを温めるのも有効ですが、食事で腸を温めるほうがより効果的です。

食事なら何でも良いわけではありません。腸温活プロジェクトの実験データによると、具だくさんスープと具無しスープを食べた後の体温変化で、具だくさんスープを飲んだ場合は食後に体温が上昇していることが分かっています。

星野先生は、朝に具だくさんスープを食べると自律神経のスイッチも入って免疫力アップにも有効だと話していました。

腸温活レシピ「ゴマきんぴら汁」

管理栄養士・料理研究家の上坂マチコさんに、自宅で簡単にできる腸温活にオススメの一品を教えていただきました。血行を良くし体を温める食材と腸内環境を整える食材が入っている具だくさんレシピです。
 
腸を温めて免疫力アップ!いま注目の風邪予防“腸温活”
材料(2人分)
ゴボウ60g、ニンジン20g、ショウガ20g、豚バラ肉50g、だし汁600ml、味噌約30g、白すりゴマ小さじ2

作り方
  1. ゴボウはささがきにし、酢水につけてアクを抜き流水で洗います。ニンジンは細切り、ショウガはおろし器ですりおろします。豚肉は細切り、小ネギは小口切りにします。
  2. 鍋に豚肉と切った野菜を入れて炒め、だし汁を加えます。沸騰したらアクを取り、中火で煮ます。
  3. 具材に火が通ったら弱火にして味噌を溶き入れます。ショウガを加え、仕上げに白すりゴマを加えます。
  4. 器に盛って小ネギ(適量)をのせ、お好みで一味唐辛子を入れて完成です。

あなたの腸は冷えていませんか?“冷え腸”チェックリスト

  • 手足の他に下半身全体が冷えやすい
  • 湯船に浸かるのは5分以下
  • 歩くのは1日10分以下
  • 運動する習慣がない
  • お酒・冷たいジュースが好き
  • 朝食は食べない
  • 便秘・下痢をすることがある
4つ以上当てはまる方は注意が必要です。

腸を揉んで温める“腸温活運動”

運動する習慣がない方は、腸を揉んで温める“腸温活運動”はいかがでしょうか。便秘などのお悩みにも対応する「腸活エステ〈ビー・ブルーム〉」(中央区南1条西5丁目/電話011-233-0980)の山際純子店長に、自分でできる“腸温活運動”を教えていただきました。腸が刺激されてお腹が温まるそうです。
腸を温めて免疫力アップ!いま注目の風邪予防“腸温活”
  1. 運動の前に温かいお湯を飲みます。
  2. ゆっくり深呼吸をします。
  3. 大腸の四隅を、右足の骨盤あたりから時計回りに3回ずつ押します。痛みを感じない程度に押しましょう。
  4. おへそまわり(小腸)を時計回りに撫でます。
酷い便秘の方は押すと痛みを感じる場合があります。腸の病気がある方が行なう場合は主治医に確認しましょう。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ