どさんこワイド179

洋二と幸子のちょっと相席よろしいですか?第2弾

2019年2月8日(金)

洋二と幸子のちょっと相席よろしいですか?第2弾

木村洋二アナと星澤幸子先生が2人で飲食店を訪れ、無理やり人生相談に乗る新企画「洋二と幸子のちょっと相席よろしいですか?」第2弾は、札幌で愛され続けて31年の居酒屋「かんろ」にお邪魔しました。

かんろ 本店

【住所】札幌市北区北8条西1丁目1
【電話番号】011-746-8777
  • 特集
  • 特集
    ●焼き鳥(1本)130円〜
  • 特集
  • 特集
創業31年、札幌市内に4店舗ある人気居酒屋「かんろ」は、炭火で炙る「焼き鳥」が自慢のお店です。
今回、快く相席をOKしてくれた1組目は、同じ会社にお勤めのベテランサラリーマンのお三方。職場でのジェネレーションギャップについての話題になり「昔はこうだったとは言わず、“今”に我々が合わせて指導していかないとダメだと思う」「60代の私たちは若い世代とは話が合わない。それを理解した上で、私達がどう雰囲気づくりをしていくかだと思う」と語ってくれました。
そして話題は「好物」について。星澤先生はおばあちゃんが「いももち」を作ってくれた時の、その美味しさや良い香りが「今でも忘れられない」と話していました。
  • 特集
  • 特集
2組目は、北欧・フィンランドからやってきたユハニさんと、インターナショナルな相席です。フィンランド語の「Kippis(キッピス)」の掛け声で乾杯です。
実はユハニさんは国際氷像彫刻協会の会長さんで、明日2月9日(土)から名寄市で行われる雪像の国際大会で審査を務めるために来日していました。大学時代を名寄で過ごした星澤先生が「名寄はとても寒い」と言うとユハニさんは「ヤッタラ サムイ」と流暢な日本語で返してくれました。
日本各地で美味しいものを食べているというユハニさんですが「北海道の食べ物の美味しさは他とは違う」と言い、星澤先生は「北海道の食材が持つパワーを感じて欲しい」と話していました。
言葉は違えど、十分にわかりあえる。相席に国境はなし!ということがわかった素敵な夜でした。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ