どさんこワイド179

どさんこレコーダー〜札幌最古の100年銭湯

2019年2月26日(火)

どさんこレコーダー〜札幌最古の100年銭湯

北海道のある場所を定点観察する企画「どさんこレコーダー」。2月26日(ふろの日)の今日は、創業100年、札幌最古の銭湯「藤の湯」の一日に密着しました。

藤の湯

【住所】札幌市手稲区手稲本町2条2丁目
【電話番号】011-681-3217
【営業時間】14:35〜22:00
  • 特集
  • 特集
  • 特集
    ●料金 大人440円、小学生140円
  • 特集
大正8年(1919年)創業、「藤の湯」は今年でちょうど100年を迎えた札幌で一番古い銭湯です。番台を守り続ける三代目・森山光夫さんは現在67歳。後継者がいないそうで「体が動く限りは続けたい」と言います。薪や廃材をくべてお湯を沸かす作業は一日に何度もおこないます。使っている水は地下からくみ上げる手稲山からの伏流水。お湯は熱めの44℃で、昔からのファンが多くいます。常連さん達は「家で入るお風呂は汚れを流すだけの“仕事”。銭湯はリラックスするために来る」「ここの魅力は“熱い”そして“古い”ということ」と話してくれました。手稲生まれでなんと70年以上通っているという方にも出会いました。
  • 特集
  • 特集
風呂上がり、脱衣所で談笑するのも常連さん同士の楽しみです。ここで出会い、“藤の湯会”と名付けて新年会や忘年会をする仲間もいるそうです。
銭湯には思い出もたくさんあります。今は亡き奥様と2人で藤の湯に来て、男湯と女湯の壁ごしに「帰るぞー」「はーい」と声を掛けあった思い出なども聞かせてくれました。
最後に三代目の森山さんは「手稲に何軒かあった銭湯もみんなやめてしまった。利用してくれる人がいる限り、やめられないね」と話してくれました。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ