どさんこワイド179

グルメ編集部オススメ&便利な裏ワザ!サンドウィッチ

2019年3月13日(水)

グルメ編集部オススメ&便利な裏ワザ!サンドウィッチ

本日3月13日は“サンドイッチの日”そこで人気グルメ雑誌「poroco」編集部オススメのサンドイッチ専門店をご紹介したほか、家庭で簡単に絶品サンドイッチが作れる裏ワザもお伝えしました。

ふわもちパン×こだわりサンド ふわもちさん。

【住所】サンピアザ地下1階(新札幌駅直結)
【電話番号】011-890-2283
  • グルメ編集部オススメ&便利な裏ワザ!サンドウィッチ
    (写真手前から)
    ●アボカドサーモン 303円
    ●菜ばなと厚焼き玉子の春サンド 357円 ※3月限定
    ●海老カツタルタル 324円
「poroco」編集部オススメのお店で、厚別区にある人気店「ドーナツ・ベーグル専門店 ふわもち邸」の姉妹店です。
ベーグルやドーナツを買うことも勿論できますが、注目は毎日手作りされているサンドイッチ。具材がパンからはみ出るほどボリュームたっぷりで、食欲をそそる断面は編集部の方がオススメポイントとして挙げるほどです。
モチモチふわふわのパンはサンドイッチ用に作られた特注品。生クリームを使用しているため、ほんのり甘く耳まで美味しくいただけます。

サンドイッチは約20種類あり、中でも人気は「アボカドサーモン」。スモークサーモンや自家製アボカドペースト等を挟んだボリュームたっぷりの一品です。
その他、「アボカドサーモン」に並ぶ人気の「海老カツタルタル」や、3月限定ちらし寿司のサンドイッチ版「菜ばなと厚焼き玉子の春サンド」もご紹介しました。素材の組合せが絶妙なところも魅力です。

ゆで卵の殻が簡単にむける裏ワザ

  • グルメ編集部オススメ&便利な裏ワザ!サンドウィッチ
たまごサンドを作る時に使う“ゆで卵”殻がむきにくいと感じたことはありませんか?
24時間営業のサンドイッチ専門店「サンドリア(中央区南8条西9丁目)」の津田哲平社長に、ゆで卵の殻が簡単にむける裏ワザを教えていただきました。
卵のお尻(とがっていない方)を鍋などにぶつけて、ひびを入れてから茹でると殻が簡単にむけます。

神宮前茶寮 こう

【住所】札幌市中央区北1条西28丁目
【電話番号】011-644-8068
  • グルメ編集部オススメ&便利な裏ワザ!サンドウィッチ
    ●時告鳥(ときつげとり)たまごサンド 650円
円山公園駅から徒歩5分のところにある、築80年の建物を改装したお店です。
「ぜんざい」など道産小豆を使った甘味も人気ですが、看板メニュー「時告鳥(ときつげとり)たまごサンド」が大人気。卵3つを贅沢に使った分厚いだし巻き玉子や、酸味を抑えた自家製マヨネーズが自慢の一品です。

「神宮前茶寮 こう」の大田さんが、ブームの厚焼きたまごサンドを自宅でできる簡単な方法を考えてくれました。

●桜あんみつ 1000円 ※3月20日(水)から
●ぜんざい 750円
自宅で簡単!本格厚焼きたまごサンド
  • グルメ編集部オススメ&便利な裏ワザ!サンドウィッチ
ポイントは、水溶き片栗粉を使いみずみずしい玉子焼きを作ることと、酸味をまろやかにするコーヒー用ミルクを使うことです。

<材料>
卵3個、めんつゆ大さじ1、みりん・水各大さじ2
水溶き片栗粉…水小さじ2、片栗粉小さじ1
食パン2枚
ソース…マヨネーズ大さじ2、からし適量、コーヒー用ミルク1つ

<作り方>
(1)卵をかき混ぜ、めんつゆ・みりん・水を加えます。水溶き片栗粉を加えてさらに混ぜます。
(2)温めたフライパンに油をひき、卵液を裏ごしして入れて炒り卵にします。
(3)炒り卵を作り一旦ボウル等に取り出し、細かく砕きます。
(4)再度フライパンに入れて弱火で両面を焼き上げ、粗熱を取り冷まします。
(5)ソースの材料を混ぜて食パンに塗り、卵を挟んでカットします。盛り付けたら完成です。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ