ファイト!F

6月8日(土)「とどめの一発 」

2019年6月8日(土)

「とどめの一発」

今日甲子園で最初に輝きを放ったのは高校時代、
ここ甲子園を沸かせたスター 5番・清宮選手。

4回1アウトランナー1塁3塁の場面でプロ入り後
初となる甲子園でのタイムリーヒットを放ちファイターズが先制します。

先発のマウンドはプロ15年目、ベテランの金子投手。
コースを広く使い、コーナーに丁寧に投げ分ける金子投手らしいピッチングで
タイガース打線を3安打に封じ込め、シーズン最多イニングとなる
6回を無失点で投げ切ります。
 

2点リードで迎えたファイターズの7回、連打や押し出しなどで得点を重ね、
なおも満塁のチャンスに6番・渡邉選手

センターバックスクリーンへの満塁ホームランがとどめの一発。
大量得点でファイターズが快勝です。

【渡邉】
「2ボールとなって次の真っ直ぐに合わせて思い切って
振りにいきました。本当に気持ちよかったです。」


今週のイチバンボシは宮西尚生投手。

昨日の試合では1点リードの7回に登板し、
3者連続三振を奪う圧巻の投球を披露し地元の
甲子園球場で8年連続となる20ホールドを達成しました。
 

【宮西】
「(甲子園のマウンドは)年に数回しかないので
思い切って楽しんで投げました」

サッポロビール