北海道アンダースカイ

第10シーズンの制作①

2017年9月20日(水)
「北海道アンダースカイ」の記念すべき10シーズン目。
今回は制作期間を長くして、じっくりと作り上げた
ある意味で「スペシャル」な第10シーズンとなります。

北海道を意識して出来上がった歌に、何かしらの意味を持たせたい。
そして、より多くの人に北海道らしい歌を感じて欲しい‐

そこで、今回は北海道日本ハムファイターズの中心選手である
西川遥輝選手の、打席に向かう際の「登場曲」を
この「北海道アンダースカイ」を通して制作することになりました。

アーティストとどのような音楽性を選ぶかで少々迷いました。
西川選手の打席に向かう背中を押せるような歌。
それは、ある意味、北海道を後ろから前へ押せるような歌であるはずです。
それであれば、もちろん歌のエネルギーも必要ですが、
それ以上に「言葉」の持つ意味が大事だと考えました。

音楽の中で、パワフルな「言葉」を大事にしているひとつが「ラップ」です。
その鋭い「言葉」を駆使して、音楽を紡いでいくラップ、
そこにメロディーをさらに組み合わせるドーベルマン・インフィニティに
たどり着くのは、割と早い段階でした。

そしてドーベルマン・インフィニティも、
今回の「北海道アンダースカイ」への出演を快く引き受けてくれました。
  • 札幌ドームで歌うDI
そのあとで分かったことですが、
実はメンバーの大半は野球経験者でした。
野球への愛情も、そこに北海道への愛情が加われば、
とてもエネルギーに富んだ番組が作れると、そのときに確信しました。

ロケの始まりは、まだ雪の降る3月のこと。札幌でツアーライブがあった直後のことでした。
(続)