北海道アンダースカイ

第10シーズンの制作②

2017年9月21日(木)
雪の降る3月のニトリ文化ホール。
たくさんの人を集めてのドーベルマン・インフィニティのライブ。
実は何度か見させていただいているのだが、
ラップとボーカルの心地よい絡ませ方はもちろん、
パワフルなステージ、エンターテイメント性のあるライブコンセプトなど、
どれをとってもより完成度の高くなったライブだった。

そのライブの終了後に、メンバーには
今回の「北海道アンダースカイ」の企画を伝えた。
もちろんちょっと動揺。
その普通に動揺しているところが何よりも新鮮で、いい歌ができる予感がした。

で、さっそくライブの翌日、5人を札幌ドームに連れて行った。
ペナントレースの開幕直前。
ファイターズの練習を食い入るように見つめるメンバー。
中でも、野球への思い入れの強いGSは、声をかけても
ずっと練習を真剣に見ていて、目を離さない。野球が本当に好きなのだ。
練習で打った打球の行方に引き寄せられている。
ドーベルマン・インフィニティとファイターズとの距離が
確実に近づいた瞬間だった。

まだ、この段階では、誰の登場曲を作るかは知らせていなかった。
西川選手の登場曲を作る、ということは後日、伝えた。
  • 西川遥輝選手
そしてドーベルマン・インフィニティと西川選手が対面したのは
ペナントレースが始まった6月のこと。
札幌ドームのグランドで、試合前の練習に入る直前、
ドーベルマンインフィニティがやってくるのを西川選手は待っていた。

そしてしばらくは野球の話。
その中で印象的だったのは西川選手の一言。

「プロ野球の選手としてバラ色の人生ではなかった・・・」

紆余曲折、努力が届かない瞬間が続くこと、もがき、苦しみ、、
そのどれも、音楽と野球の違いはあれど、
ドーベルマン・インフィニティも同じだった。

再び距離が近づいた。
そして、曲作りの方向性が見えてきた瞬間でもあった。
(続)