アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

おにぎり  神谷 誠

『どさんこワイド!!朝!』を担当して間もなく5年。朝5時から始まる放送に備え、3時半頃に朝食を口にします。食べる物は5年間全く変わりませんでした。“小さめのおにぎり”を2つ。お腹が満たされ過ぎず、片手で時間をかけずに自分の体に仕事に向かうぞとサインを出すのに最適なメニューです。おにぎりがサインといえば、今季のファイターズを語る上で欠かせない選手が現れました。ドラフト6位ルーキーの横尾俊建(としたけ)選手です。慶応大学から入団した長打力が自慢の内野手。177cm90kgと、どっしりした体付きをしています。白井一幸コーチが「おにぎりを沢山食べそう」というイメージから、3塁のコーチャーズボックスでおにぎりを握るサインを出したことから、“おにぎり君”と愛され始めるようになりました。横尾選手も「過去6度HR王に輝いた中村剛也選手(ライオンズ)も“おかわり君”と呼ばれています。一流選手にはニックネームがつくこともあるので、“おにぎり君”で構いません」と話していました。“おにぎり君”は、キャンプの終盤に1軍に合流し、打撃を中心に首脳陣に開幕1軍入りへ猛アピール中。ただ、本人はいたって冷静です。「たしかに約2週間1軍にいたことで“こういう選手が1軍で活躍できる”というビジョンを描くことは出来ました。でも、今年は舞台が1軍・2軍関わらず、1年間試合に出場し続けることが1番大切だと考えています。試合に出るからこそ学べることを多く吸収して、長くプロで勝負できる土台を作りたいのです。」
厳しい競争の世界、その日に良い結果を残すことで頭がガチガチになりそうな中、しっかりと先を見据えている22歳・・・素晴らしいなと感じました!おにぎりを握るようにふっくらとしたままの思考で、活躍を続けてほしいと願っています。

神谷 誠のバックナンバー

読み込み中…