アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

鉄腕完全復活へ  神谷 誠

来週にはドラフト会議、季節の歩みのはやさを実感します。残念ながら、ファイターズの頂点への挑戦が半ばで終了。ただ、来季こそ日本一を奪還するための戦いは始まっています。クライマックスシリーズ(以下、CS)を戦っていた選手たちも明日から各地で練習を再開します。
一方で、大きな決断をした選手もいます。宮西尚生投手が左肘を手術することが発表されました。万全の状態で来季の開幕を迎えるための選択です。8年目の今季も、入団1年目から大切にしている“攻める気持ち&感謝の気持ち”を胸に身を削り続けました。入団から8年連続50試合以上登板というパリーグ最長記録を達成!しかし、開幕前から肘の痛みと向き合う日々でした。トレーナーのサポート、栗山監督からの「ミヤで打たれたらしょうがない」の厚い信頼、日米通算22年目・松井稼頭央選手の「お前がチームの顔、堂々としていればいいんだ」という言葉を支えに、何とか10月にたどり着きました。しかし、CS前の練習、1球投げるごとに浮かべる苦悶の表情が全てを物語っていました。“いつも通り”気の利いた言葉でそっと若手投手陣の背中を押し続けたものの、自身の登板は0、目の前で消えた日本一・・・責任感の強い主将だからこそ、来季に懸ける想いは人一倍強いでしょう。
”北海道日本ハムファイターズには宮西投手がいて当たり前”と言っても大げさではないはずです。「お帰りなさい」 来季の開幕戦で、こう声をかけられる事を願っています。

神谷 誠のバックナンバー

読み込み中…