アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

上昇したい!  神谷 誠

幸せなことに、その世界で「トップレベル」と評された方とお仕事をするチャンスがあります。先日は、サッカー元日本代表の戸田和幸さん(38)と北海道コンサドーレ札幌の試合の実況中継をさせていただきました。戸田さんは現役時代、中盤でピンチの芽を摘む“しめる”プレーを武器に、2013年まで5カ国・10クラブでプレーされました。ただ、戸田さんといえば・・・多くの方は2002年日韓W杯での赤いモヒカンヘア姿を思い出されるでしょうか。素晴らしい実績を残された選手であり、14年前の強烈な印象があったため、私は打ち合わせの前から大変緊張していました。しかし、打ち合わせが始まるとすぐに、緊張を感動が上回りました。
未熟者の私が言うのも申し訳ないのですが、戸田さんはその分野を極めようとする意識の高い方だと感じました。打ち合わせの席につくや否や、A3サイズのノートを広げられました。そこには、中継準備のために観てこられた全試合のスターティングメンバーや選評、選手のスキルに関して非常に丁寧な字で記してありました。解説を始められて、既にノートは16冊。国内外5つ以上のリーグ戦の解説を行っていらっしゃるため、毎日1試合以上は記録していらっしゃるそうです。現役選手がサッカーノートを毎日書いているという話は良く耳にしますが、毎日ノートをつけていらっしゃる解説者とは私は初めてお会いしました。
さらに、パソコンではなくノートを選択したのは、書くことで言葉の勉強にもなるからということでした。では、解説者として発する言葉にどんな拘りがあるのか伺うと・・・『自分の価値観の押し付けは限定的に。サッカーへ恩返しとなる解説』。チームや選手の能力をしっかり事前に分析した上で「こういう選択も彼なら出来た。そうするとこういう展開になった可能性がある」と、選手強化に繋がる内容を発信しようと意識されているということです。実際、解説していただいた札幌の試合も、選手の成長を願う愛情たっぷりの言葉をいただきました。
私の実況はというと、必死にはやりましたが反省はたくさん!ただ、色々な解説の方とお会いするたびに、その競技の魅力の発見が必ずあり「次はもっと分かりやすい中継を」と思うのです。

神谷 誠のバックナンバー

読み込み中…