アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

一体感  神谷 誠

現在J2首位の北海道コンサドーレ札幌。昨日、リーグ2位の松本山雅戦も札幌ドームで1-0の勝利!決勝点を決めたのは、チームで最も点を決めている都倉選手(現在11得点)。相手ゴールキーパー(以下、GK)が「あの距離からゴール隅を狙ってくるとは」と唇をかんだヘディング・・・約16mの距離からのヘディングシュートにスタジアムで見つめたサポーターは度肝を抜かれました。残り試合数が減っていくごとに順調に2012年以来のJ1の舞台が近づいてきています。選手達も「負ける気がしない。もし、追いかける展開となってもひっくり返せるだろうという空気が流れている」と口を揃えます。その強さの秘密をたずねると、頻繁に聞かれるのが“チームの一体感”という言葉。昨日の試合後も象徴的な場面がありました。
昨日の無失点勝利の立役者、GK金山選手が「この勝利は、チームのGK4人で掴んだ勝利です。」と胸を張りました。今季の頭から所属しているGKは4人。しかし、その中で今プレー可能なGKは、金山選手と阿波加選手の2人しかいません。ク・ソンユン選手は韓国代表として五輪に参加するため不在。杉山選手は大怪我を負ってしまい治療中。ただ、練習から互いに認め合い高めあってきた間柄。だからこそ、誰が欠けようともチームに所属しているGK全員で、1シーズンゴールを守り抜こうと約束したのだそうです。男達の逞しさの裏側には美しい絆がありました。次の試合は今度の月曜日。夜7時キックオフ予定の岐阜戦です。勝利の喜びで選手と1つになりましょう!

神谷 誠のバックナンバー

読み込み中…