アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

キャンディーズじゃないけれど

顔写真
熊谷 明美 プロフィールへ
「やっと早起きから解放されるね」
「ようやく普通の生活に戻れて良かったね、ラクになるよ」
「早く寝なくてもいいから夜お友達と食事に行けるね!!」
この数か月で友人知人同僚からこんな言葉を何度かけてもらったことか。
さらに朝番組担当から離れた先輩後輩はみな
「あっという間に慣れた」
と確かに言っていた。昼間の仕事から朝担当に替わるのはリズムを作るのが大変だけど、その逆はラクだ、と。
しかし。早起き生活じゃなくなった事を除いては、私には当てはまらなかった。
この12年で友達は減り、また結婚出産でママになった友達を気軽に誘うことはできない。
さらに夜中の12時近くまで頑張って起きていても、これまでの起床時間だった午前2時に一度目が覚める。ぼんやりと寝るか寝ないか…くらいのところで番組打ち合わせ開始時刻の4時にパチリ。そして番組スタートの5時に再び目が覚める…。恐るべし、12年間で刻みこまれた体内時計!そして結局そのまま眠ることが出来ない…といった生活。つまり、8時就寝2時起床が「普通」だった私にとっては、今の方が「普通じゃない」のだ。
どうやらこの体内時計を修正するには3か月かかるらしい(知人談)。ということは、あと1か月…。早く、普通の女(の子)に戻りたいっ!!