アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

フキゲンな彼女とゴキゲンな彼

顔写真
宮永 真幸 プロフィールへ
 ゲストハウスと呼ばれる宿泊施設を知っていますか?リュックひとつで旅をする若者向けのリーズナブルな宿。いわゆるユースホステルなのですが、ここ数年増加する海外からの旅行客にあわせて続々と開業しています。流行のスタイルは、古い建物を改装してバーやカフェを併設したもの。おしゃれな宿が、札幌でも増えています。
 東京では浅草近くに数多くあり人気です。私用で東京に行ったときに、蔵前にあるゲストハウスに一泊してきました。隅田川沿いの古い建物ですが、昭和の雰囲気をセンス良く残し、一階がバーとカフェになっています。夜11時前にチェックインしたときには宿泊客を中心にさまざまな国の人たちが酒を片手に語り合い笑いあい、賑やかな雰囲気。2階から上が宿泊施設で一部屋に2段ベッドが4つ入った共同部屋。私以外は海外の人でした。朝食は一階のカフェで焼きたての手づくりパンと淹れたてのカプチーノ。アンティークな椅子に腰掛けると大きなガラス越しに外の通りの様子が見えます。朝日が照らす下町の通りは映画のワンシーンに出てきそうな風景です。
 同じ部屋だった背の高い白人の若者が、栗色のショートヘアの彼女と出かけて行きます。先に通りに出た彼女。後からついていく彼。歩みを止め振り返った彼女はフキゲンな様子で彼に何か言っています。一方の彼はとびっきりの笑顔でゴキゲンに応えています。フキゲンはゴキゲンに包まれてフレームの外へと消えていきました。
 なんでもない朝の風景が、物語のはじまりのように見えてしまう素敵な宿でした。