アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

最後の夏

顔写真
宮永 真幸 プロフィールへ
 甲子園を目指し高校球児たちの戦いが始まっています。母校が甲子園の大舞台で活躍する姿は誰もが夢見るもの。私も一度はアルプスで校歌を高らかに歌ってみたいと思っていました。その夢は叶わず最後の夏が終わりました。母校、市立神港高校は兵庫県大会で敗退。かつては春2連覇を達成し全国にその名を知られた歴史も持つ高校です。しかし私が入学する前の1970年代を最後に甲子園から遠ざかっていました。その母校が来年春、統合され学校名も変わることになりました。今年は最後の夏だったのです。
 体育館にはかつての栄光を伝えるトロフィーや打者がバットをふる姿の銅像が飾ってあり、野球部員でなくとも誇らしく思っていました。一度だけ地区予選の試合を応援に行ったことがあります。グランドに立つ同級生の姿は、クラスで見るものとはまったく違い頼もしかったのを覚えています。
 最後の夏、母校の野球部員たちはどんな姿をグランドで見せてくれたでしょうか。スポーツ新聞が伝える結果だけの小さな記事に後輩たちの涙が見えた気がしました。