アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

匂いの話  大家 彩香

顔写真
大家 彩香 プロフィールへ
匂いフェチであることを以前、この日誌にも書いたことがある。洗い立てのタオルからする柔軟剤の香りや、お風呂上りのシャンプーや石鹸の香り、パン屋さん前を通った時のあの焼きたてパンの匂いに、赤ちゃんの何とも言えないミルクの優しい香り・・・などなど、ん〜もうたまらん!!という香りはいくつもある。今挙げたものは一般的には、「いい匂い」とされるものだが、「臭い匂い」でも、いい匂い(好み)と感じる物は、人それぞれだと思う。そんなことを感じたのは、先日自宅の冷蔵庫を開けた時のこと。おぉーー!!!顔面を包み込むような、強烈な香り漂がっている。食べている時は、さほど気にならないのに、香りのみの主張はすごい。その正体は、大根の漬物だ。なかなか1日で1袋を食べきることは出来ないので、冷蔵庫で一晩を過ごすことになる。真空パックにしているのに、この大根の漬物が冷蔵庫を、いや部屋全体を支配しているようにも思えるほどの匂いを放つ。これは、まさに臭いとされる匂い(決していい匂いではないはず)なのだが、私は好きな匂いなのである。納豆なども同じ分類だろうか。他にもマジックペンや新聞に挟まっている広告チラシ、地下鉄のホームの香りも好きである。「臭い匂いがいい匂い?」皆さん、共感して頂けるものはありますか?

大家 彩香のバックナンバー

読み込み中…