アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

セレンディピティ

顔写真
岡崎 和久 プロフィールへ
第6感が働いた。“今日こそ、この喫茶店に入ってみろ”と。
以前から気になっていた喫茶店にたまたま時間が出来て入ってみた。レトロな雰囲気の店内。クラシックが流れていてコーヒーの香りも落ち着いた空間を演出している。カウンターではマスターとお客さんが話をしている。
 奥の席でゆっくりしていると、カウンターのお客さんが娘さんの高校受験についてマスターに相談しているのがわかった。その中で「僕は神奈川出身で自分の頃は、○○高校や○○高校に行こうか迷ってさ、、、」と神奈川県出身の私には、学校の場所も制服も浮かぶ高校の名前ばかりが出てきた。
 会計の時に勇気を持ってそのお客さんに話しかけてみた。「あのーーー私も神奈川出身なんですが、、、懐かしい高校名が聞こえてきて、、、、」
 するとそのお客さんと話が盛り上がり、お互いの実家が歩いて5分の距離、しかも、“なんと中学校の大先輩”だったことがわかった。神奈川県出身、札幌に自宅があり、21歳差はあるものの中学校の先輩後輩の偶然の出会いが札幌の喫茶店。大先輩は、札幌で会社を立ち上げて大活躍されていた。後輩の自分ももっと頑張ろうとパワーをもらう出会いだった。大好きな言葉“セレンディピティ(思いがけないものを偶然に発見すること)”を改めて大事にしようと思うひと時だった。