アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

今日と明日は…  高山 幸代

顔写真
高山 幸代 プロフィールへ
近頃このブログで巻き起こっている「同僚をfeature」するシリーズ。先日熊谷アナには相当気を遣って下駄を履かせてもらったので、お返しと言うわけでもないが、流れに乗って話してみよう。
今、彼女とは、「STVラジオ まるごとエンタメーション」で佐々木たくおさんとのコンビを曜日を分けて担当、毎週バトンを渡し合っている。先日、番組でリスナーの方と電話つなぎをしたときのこと。30代男性のその方は、昔から彼女の大ファンだと言う。彼女は「僕の青春を駆け抜けた女性」だと。そう、彼女はかつて「ラジオクリックiしてる」という番組のいわゆる「ヤングパーソナリティー」だった。「ラジクリ」については、彼女のブログにもあるように当時私は早朝番組を担当していたため、生活時間の関係上、正直詳しくわかっていない(アケコごめん)。私の中で彼女の若手時代の代表作は、何と言っても「ザ!仮面アナ」(テレビ)だ。深夜の、今で言うと「どさんこ食堂」のような時間帯・趣旨で放送していた摩訶不思議な番組で、1人のアナウンサーが週替わりで仮面を被って登場する。名前も自分で勝手につけたニックネームで(私は「ヴィクトリア夫人」。当時大活躍していたベッカム選手が大好きで、束の間「夫人」を名乗ってみたかった。)、音声も変えて放送するため、それが誰なのかわからない。それを毎日のトークの内容と、時折身体のパーツをアップにすることで、1週間かけてヒントを出しながら、テレビの前の皆さんに「今週の仮面アナは誰だったか?」当ててもらう…という番組。その司会をしていたのが、そう、熊谷明美アナである。聞けば入社4年目だったらしいが、それはそれは見事だった。大御所の大先輩アナを相手にする週もあるわけだが、この手の番組で萎縮は禁物。心の距離を近づけないと面白いトークが展開できるわけはない。もちろん台本なんてない。彼女の仕切りにすべてかかっている。しかし、しっかりと見えない気配りをしながらも、その上で先輩も後輩もいじり倒し、転がし、時に持ち上げ、しっかり落とす。我々の言葉で「まわし」というが、あのキャリアであの「まわし」ができる人は後にも先にもいないのではないか。少なくとも私にはできなかった。
ラジオ・テレビでキャリアを積んだ熊谷アナ。今では「ヤング」がとれた大人の「パーソナリティー」として円熟味のある放送をしている…はずだが、先日アリオで行われたSTVラジオのイベントでのこと。ステージ上で、「熊谷明美です。番組ではゴリラとして頑張っています。」と挨拶していた。
???
もう訳がわからない。彼女はどこへ向かっているのか…?
「感謝週間」もクライマックスのSTVラジオ。午後1時から放送の「まるごとエンタメーション」、今日と明日は熊谷アナが登場。「ゴリラ」が「野獣」をどう「まわす」のか!?必聴!!

高山 幸代のバックナンバー

読み込み中…