アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

花の季節  高山 幸代

顔写真
高山 幸代 プロフィールへ
STV放送会館の北1条通りに面した花壇が、1年で最もきれいな季節を迎えた。かなり昔の話になるが、ここは私がアナウンサーとして駆け出しのころから通算12年ほど担当した「朝6生ワイド」という番組で、会社の前からのお天気中継に季節の彩を添えたいと、花を少しずつ植えた「朝6ガーデン」が始まり。(それまでは大きな木が数本植えられていた。)その後、幾度か手を加えられて今のかたちになっている。私はこの色合いが大好きだ。
  • 画像
手前のすずらんは、うつむきがちでこんなに控えめなのに、ハッとするほど優美な香りを風に乗せて運ぶ。そこに紛れて咲いているかわいい花は、朝6ガーデンの名残のイチゴか!?奥の雪柳も、ゆったりと風に揺れる姿が美しい。これら白い花の周りを青い勿忘草が涼しげに踊り、タイムの小さな花々がピンクの小道をつくり…。
  • 画像
「この中で誰が一番だなんて争うこともしないで…誇らしげにしゃんと胸を張っている」
私の大好きなグループの大好きな曲の一節だが、この歌詞が教えてくれた心の在り方をしみじみと重ね合わせる。

タイムの花を見ていたら、芝桜のじゅうたんを思い出した。滝上や東藻琴もきっと見頃を迎えているだろう。すずらんと言えば平取、例年ならそろそろ鑑賞会だ。上湧別のチューリップ、恵山のツツジ…。見たい!せっかくの週末だもの、「花めぐりドライブ」に出かけたい!!!・・・けど、今年は、いえ今年も、がまんがまん。
道内花の名所は、閉園や一般開放中止、あるいは入場制限、開園するもののイベント中止など、やはり例年とは全く異なる状況となっている。しかし、花々は、見物客のあるなしなど関係なく、いつもと変わらず、何事もなかったように、ただ気高く咲き誇っていることだろう。
「どこで咲くか」より「どう咲くか」。花から学ぶことは多い。

高山 幸代のバックナンバー

読み込み中…