イベント

キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠

オリジナルグッズ

キスリング展オリジナルグッズ

キャンドルアーティスト 米澤純さんと
ステンドグラス作家 石戸谷準さんによる
コラボ作品が誕生しました!
 
キスリングの絵画をイメージした素敵な キャンドル キャンドルホルダー です。

通信販売でもお買い求めいただけます。
 お求めはこちらから jun's light HP

  • キャンドル/キャンドルホルダー
  • キャンドル/キャンドルホルダー

制作過程

2月初旬、第1回目の打ち合わせを行いました。
キスリング展の作品をイメージして、キャンドルとキャンドルホルダーを作成いただきます。
その様子は石戸谷さんのブログをご覧ください↓

米澤さんのキャンドルの試作はこちら
    ↓    ↓    ↓

Melancholy メランコリー
Melancholy メランコリー

キスリングの描いた肖像画を観て、真っ先に目に飛び込んでくるのは、捉え難いモデルの視線。あの人は、心の奥で何を想い、夢を見ているのだろうか。単彩の背景に浮かぶ透き通る肌と、女性たちの持つ魅惑的な沈黙を表現しました。
Fleurs 花たち
Fleurs 花たち

ヴェルヴェットのような深いブルーを背景に、一輪一輪が話しかけてくるような存在感のある花たち。キスリングの自由で優しく、希望を諦めない気持ちを灯りにしました。

数日後、米澤さんのキャンドルが石戸谷さんのもとへ・・・
石戸谷さんのキャンドルホルダー制作過程はブログをご覧ください↓
→→→ 石戸谷さんのキャンドルホルダーのモチーフが決まりました☆

3月中旬、2回目の打ち合わせを行いました。
米澤さんのキャンドルを受けて、石戸谷さんのキャンドルホルダーお披露目です☆
  • キャンドルホルダーお披露
    キャンドルホルダーお披露目の瞬間・・☆
  • キャンドルとキャンドルホルダー画像
    実際にキャンドルを合わせて、お互いのイメージのすり合わせをしました。
  • キャンドルとキャンドルホルダー画像
    話しているうちにどんどんアイデアが膨らみます・・!!
  • キャンドルとキャンドルホルダー画像
    2種類のキャンドルとキャンドルホルダーを使うのも面白いねと弾むお二人☆

プロフィール

石戸谷 準
石戸谷 準 / Beaux-Arts Design Bureau
江別市在住
フランス国立高等工芸美術学校及びフランス国立パリ美術学校(通称ボザール)にてステンドグラスの技術と歴史とデザインを学ぶ。
主に建築用のステンドグラスパネルをデザイン制作する他、インテリアやグラフィック、
金属や木製のクラフト製品、食器等幅広い分野のデザインも手掛ける。
<キャンドルホルダーについて>
このキャンドルホルダーは、米国ブルズアイ社製のフュージングガラスシリーズを用いて制作しました。数色のガラスをカットし並べ重ねて、電気炉にて高温でフュージング(溶かす)し、さらにもう一度低温でスランピング(曲げる)することによって成型しています。
 
デザインのコンセプトは、“風に揺れるキャンドルの繊細な炎を、優しく包み込んで守ること”でした。それはいかにも手で作ったという感じの柔らかく自由な形を目指すものであったので、結果の予測がつかないフュージング技法が最適な制作方法でした。
 
ホルダーの大きさは、キャンドルの寸法に合わせて大中小の三種類を作る計画でしたが、所定のサイズに収まることはなく、大きくなったり小さくなったり個体差ができました。
寸法差の他にも、垂直や水平、直線、直角、均一といった工業製品的特長とは無縁の制作工程を経ているため、出来上がった作品は傾いていたり、ゆがんで安定が悪かったりもします。
 
また、ホルダーを間近に見ますと、ひび割れのような線が多数見えますが、これはガラス片を重ねた部分の痕跡であり、しっかり溶け合っているという証でもあります。
 
いずれも実際の使用においては全く問題がありませんので、安心してお使いください。
ボザール・デザインビューロー
石戸谷 準
※作品についてのお問い合わせ
jun@st-glass.jpへメールで、または011-384-8130(ボザール・デザインビューロー)へ電話でお問い合わせください。




 
米澤 純
米澤 純 / Jun’s Light Candles
小樽市在住
自然界、文化、歴史、芸術、心の情景を照らす灯り、ワックスアートをデザイン、制作。
個展、企画展、灯りのイベントなど多数。
国内外の芸術家による展覧会/美術展のテーマを捉えたオリジナルコレクションを制作。
キャンドルメイキングをクラウディア・サイムズ氏(米国)に師事。