ニュース

NEWS

【飲んだら乗るな!】忘年会シーズンを前に飲食店への啓発&取り締まり強化で飲酒運転根絶を

18日夜、北海道・釧路警察署は釧路市内の繁華街で飲食店と協力し飲酒運転の防止啓発を行いました。署員らは末広地区の飲食店15店ほどを回り飲酒運転防止のグッズを配布。更に「飲んだら乗るな」や法令順守をもじった「遵酒」と書かれたシールを一升瓶などに貼り付け、店内に掲示します。

釧路警察署管内ではことし、飲酒運転で26人が検挙され、そのうち9人が逮捕されていて、特に昼間の時間帯が増えているということです。

警察は「12月からの忘年会、新年会シーズンは最も検挙数が増える時期で昼夜を問わず啓発と取り締まり強化で飲酒運転の根絶を目指したい」と意気込んでいます。
11/18(金)「STVニュース」  11/18(金)20:44更新

北海道