ニュース

NEWS

【搬出制限解除へ】鳥インフルエンザ 厚真町の養鶏場から搬出制限を解除

胆振の厚真町にある養鶏場で発生した、高病原性の鳥インフルエンザについて防疫措置を進めてきた道は周辺の養鶏場からの搬出制限を先ほど午前0時から解除しました。

厚真町の養鶏場では先月27日、ニワトリ70羽が死んでいるのが見つかり、高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されていました。

道はニワトリおよそ17万羽の殺処分や鶏舎の消毒など防疫措置を進めてきましたが、その後の検査で周辺の養鶏場の陰性が確認できたことから、国と協議した結果、先ほど午前0時に半径3キロから10キロの搬出制限を解除しました。

一方、半径3キロ以内の移動制限区域については、今後新たな陽性の確認がなければ今月25日にも規制が解除される見通しです。
11/20(日)「Going!Sports&News」  11/20(日)18:17更新

北海道