ニュース

NEWS

【客車はレトロ感を強調】「SL冬の湿原号」リニューアル 21日から釧路ー標茶間で運行

今月21日から今シーズンの運行を始める、道東の冬の風物詩「SL冬の湿原号」がリニューアルされ、お披露目されました。

モクモクと煙を上げながら姿を現した「SL冬の湿原号」。

今月21日から釧路ー標茶間で運行を開始し、雪景色の釧路湿原を駆け抜けます。

きょうは、内装が全面リニューアルされた客車が関係者に披露され、

座席や照明にはタンチョウやエゾシカのモチーフがあしらわれ、レトロ感を強調したデザインとなっています。

(試乗した人)「かっこいい。中は落ち着いた雰囲気で良い」

SL冬の湿原号は金土日の週末を中心に運行します。
1/18(水)「どさんこワイド179」  1/18(水)17:58更新

北海道