ニュース

NEWS

【果物を食べるため】ナイフ所持逮捕の女の“言い分” 札幌市

札幌・南警察署は1月19日、正当な理由が無いにもかかわらず果物ナイフを持ち歩いていたとして、銃砲刀剣類所持等取締法違反の疑いで、札幌市南区に住む女(50)を現行犯逮捕しました。

警察によりますと、女は18日午後、札幌市内のコンビニエンスストア2軒で迷惑行為をしていた疑いで、店員から110番通報が入っていて、取り調べのために警察署に連行し所持品を検査したところ、カバンの奥からから刃渡り6センチを超える果物ナイフが発見されたということです。

女は調べに対して「果物を食べるために普段から持ち歩いている」と容疑を認めているということです。
1/19(木)「STVニュース」  1/19(木)5:34更新

北海道