ニュース

NEWS

【約8年半も無免許】ナンバー灯の無灯火で判明「免許を忘れた」と言い訳も…男(32)逮捕

札幌・白石警察署は19日、札幌市白石区の飲食店従業員の男(32)を無免許運転の疑いで逮捕しました。

男は19日午後9時半ごろ、札幌市白石区栄通21丁目の市道で無免許で乗用車を運転した疑いが持たれています。

警察によりますと、男の乗用車のナンバー灯が無灯火だったため、パトロール中の警察官が男に職務質問したところ、

男は「免許を忘れた」と話し、本人確認書類としてマイナンバーカードを提示しました。

警察がマイナンバーカードで本人確認した後、免許の取得状況を確認したところ、

2014年8月に免許を失効して以降、免許を取得していなかったということです。

調べに対して男は「間違いありません」と容疑を認めています。
1/20(金)「STVニュース」  1/20(金)16:28更新

北海道