ニュース

NEWS

【「知らない男に倒された」】横断歩道で足を引っかけ倒される 暴行の疑いで男逮捕

札幌・中央警察署は22日、暴行の疑いで自称建設業の男(34)を現行犯逮捕しました。

男は22日午前3時半前、札幌市中央区南4条西2丁目の路上で、男性の足を引っかけて地面に投げ倒した疑いがもたれています。

警察によりますと、二人に面識はなく、男性が飲食後帰宅中に横断歩道を横断していたところ、男に足を引っかけられ、投げ倒されたということです。
 
男性にけがはありません。

警察は、男性から「知らない男に倒された」という110番通報を受けて臨場しました。

男は飲酒をしていて、「相手が自分にぐたぐた言いながら向かってきた」などと話し、「足をかけていないが、投げ倒したことは間違いない」と容疑を一部否認しています。
1/22(日)「STVニュース」  1/22(日)11:55更新

北海道