ニュース

NEWS

【数年に一度】最強寒波が到来 「肌に刺さる寒さ」 猛吹雪に警戒 北海道

横殴りの雪でホワイトアウト状態の道路。

視界が非常に悪く、道行く車もヘッドライトを灯しています。

北海道内では数年に一度といわれる最強寒波が到来。

道南・江差町の海岸沿いでは横殴りの雪が降り、強風で漁船の大漁旗も激しくはためいていました。

(簑島カメラマン)「稚内市では強い風が吹いていて視界がとても悪いです」

道北の稚内市でも激しい風によって打ちつけられる雪。

道内は上空に強い寒気が流れ込む影響で、日本海側を中心に今夜からあさってにかけて猛吹雪となる見込みです。

(山﨑記者)「留萌市の沿岸部に来ています。時折体があおられるような強い風が吹いていて、岸壁には高波が打ちつけています」

あすの午後6時までの24時間に予想される降雪量は、多いところで日本海側で50センチ、

オホーツク側が40センチ、太平洋側で30センチとなっています。

(留萌市民)「風は冷たいです。空気も冷たいし肌に刺さる感じ。あすの分も食料とか買ってなるべく出ないように」

小樽市では海外からの旅行客も寒さに舌を巻いていました。

(シンガポールの観光客)「Too Cold!」

降雪や低温の影響で、JRはきょうこれまでに函館線や千歳線などで、快速エアポート20本を含む90本が運休に。

あすについても、すでに特急11本を含む179本の計画運休を決めています。

大雪や厳しい寒さは今週いっぱい続く見通しで、交通障害や雪崩、低温による水道管の凍結に注意が必要です。
1/24(火)「どさんこワイド179」  1/24(火)18:28更新

北海道