ニュース

NEWS

「シメパフェ」がチョコに 見て楽しめる!バレンタイン商戦が本格化

食べておいしいのはもちろん!

目で見て楽しめる商品も充実しています。

札幌のデパートではバレンタイン商戦が本格化しています。

行動制限がないことしは、実際に見て選んでほしいとさまざまなチョコレートが並んでいます。

食べるのがもったいないくらいかわいらしい!

ショコラクリームをはさんだラングドシャクッキーにー

1粒1000円以上の高級ブランドのチョコレートも。

札幌市内のデパートでは、あすから始まるバレンタインのイベント会場に、たくさんのチョコレートが並んでいました。

(大丸札幌店 山田諒典さん)「お客様に見ていただく、手に取っていただく、店員さんと話していただく。

そういったことが大切な思いなので、ブランド数を増やしたのが1つ特徴」

ことしのバレンタインは、コロナ禍前のような華やかさを取り戻せればと、去年よりも多い87ブランドが出店。

こちらは北海道初登場!

花束のようなスティック付きのボンボンショコラにー 

店の雰囲気やパッケージも楽しめる「キツネ」と「レモン」が主役のブランド。

札幌の「シメパフェ」の有名店が手がけるチョコレートとピスタチオのケーキも目をひくひと品です。

さらに高級チョコレートでお馴染み「ゴディバ」は、

ブランドイチゴの「あまおう」にチョコレートソースをくぐらせる実演販売が注目です。

(一関記者)「とっても甘くてジューシーなイチゴの甘さとチョコレートの苦みがいいバランス。これはぜいたくですね」

(大丸札幌店 山田諒典さん)「お連れ様と来て、これおいしそうだねってそれだけでいい思い出になる。

そこで買ってもらい食べてもらうことでより満足感が楽しめる、今回のバレンタインは特にそうなのかなと思います」

こだわりが光るチョコレートで気持ちも華やぐ「バレンタイン」。

こちらのデパートのイベントはあすから来月14日まで開催されます。
1/24(火)「どさんこワイド179」  1/24(火)18:53更新

北海道