ニュース

NEWS

【身元判明】ロシア側から引き取った3人の遺体 知床観光船事故の行方不明者と確認

北海道・知床半島沖の観光船沈没事故で、ロシア側から引き取った3人の遺体について、

海上保安庁は昨夜、DNA鑑定の結果、事故の行方不明者であることを確認したと発表しました。

身元が確認されたのは、5月に北方領土の国後島で発見された27歳の男性と21歳の女性、

6月にサハリン南部で発見された59歳の男性のあわせて3人です。

ロシア側のDNA鑑定では、3人の遺体は事故で行方不明となっている乗客乗員のものと一致したとしていましたが、

海上保安庁は今月9日、巡視船つがるでサハリン島コルサコフ港から3人の遺体を引き取り、

旭川医科大学で司法解剖とDNA鑑定を行っていました。

今回の身元判明により、知床観光船事故では乗客乗員26人のうち、18人が死亡8人がいまだ行方不明となっています。
9/14(水)「どさんこワイド朝」  9/14(水)11:08更新

北海道