ニュース

NEWS

「やってみなければ…」騒音や塩害 長万部町が水柱の対策へ動き出す

北海道・長万部町で噴出している水柱について、

水柱を抑え込む装置の設置費を盛り込んだ補正予算案が定例町議会に提案され、可決されました。

長万部町の神社の敷地内でごう音を伴い噴き出し続ける水柱。

長万部町議会はけさ、水柱対策費用として4290万円を盛り込んだ補正予算案を可決しました。

(長万部町 木幡正志町長)「現実に設置されてこれでよかったと思う気持ちにさせてくれたら最高だ。だけどそうなってくれるかどうかはやってみなきゃわからない」

周辺への塩害を防ぐ対策のため、水柱を覆うように高さ4メートル、直径1.2メートルの金属製の筒をかぶせ、

低温泉水とガスを分離、残った水は貯水槽に貯め排水する仕組みです。

着工は早ければ来月で、11月上旬の完成を目指す計画です。
9/16(金)「どさんこワイド179」  9/19(月)5:29更新

北海道