ニュース

NEWS

【黄金のトラ】総額50億円以上の大黄金展 新人アナが金の延べ棒を持ってみると…

札幌市内の百貨店で、きょうから「金製品」の展示・販売イベントが開催されています。

様々な金製品が並ぶこのイベント、初日から賑わいを見せていたようですが、それには現実的な理由があるといいます。

黄金色に輝く昇り龍—

そしてこちらは迫力たっぷりのトラ。

(庭野アナウンサー)「大黄金展に来ています。最も高価なのがこのトラのレリーフ。お値段なんと11億円」

大丸札幌店できょうから開かれている大黄金展です。

金製品1000点以上が並び、展示物の総額はなんと50億円以上。

最も高価なトラのレリーフ以外にも「おりん」など高価なものがそろえられています。

細やかな細工が施されたこの仏像はおよそ4700万円。

それ以外にも—

(SGC営業部 菅原慶太課長)「こちらにはお求めやすい商品もあります。1万円前後でお求めいただける純金製品もあります」

そして、金の重さを実感できるコーナーも。

(来場客)「うわ、持てないわ」

この金の延べ棒は時価1億円以上するそうです。

(庭野アナウンサー)「私も挑戦してみます…片側しか上がりません」

初日ながらたくさんの客で会場はにぎわっていました。

そのワケは—

(SGC営業部 菅原慶太課長)「金への注目度が上がっている。実際に問い合わせなども増えていて、土日祝日などの来場は各会場で年々増えている」

こちらは金1グラム当たりの小売価格の推移です。

これまでも値上がり基調にありましたが、ことし4月には史上最高値・税抜8154円を記録しました。

ロシアによるウクライナ侵攻以降、値崩れがしにくいとされる金の価格が上がり、注目が高まったといいます。

(SGC営業部 菅原慶太課長)「今まで来られなかった20代30代のお客様も来られています」

(来場客)「興味があって来ました。すごくきれいで驚いています。ちょっと価格が昔より上がっているなって見ていたりしています」

きらびやかな金製品。

憧れの気持ちだけでなく、将来に向けての安定的な「資産」として熱い視線を送る人も少なくないようです。
9/16(金)「どさんこワイド179」  9/19(月)5:28更新

北海道