ニュース

NEWS

【路上で車を蹴っ飛ばす】自称・画家の男を器物損壊の疑いで逮捕 札幌市西区

札幌方面西警察署は9月16日、札幌市西区の自称・画家の男(43)を器物損壊の疑いで逮捕しました。
 
男は9月15日午後5時50分頃、札幌市西区琴似2条1丁目の路上で乗用車のナンバープレートを蹴っ飛ばし、壊した疑いが持たれています。

警察によりますと、男が蹴っ飛ばした車のナンバープレートは折れ曲がった状態で、運転手が男の特徴を覚えていたことから男を特定し逮捕に至ったということです。

調べに対し、男は「蹴ったけど壊してはいない」と容疑を一部否認しているということです。

被害にあった乗用車の運転手と男に面識はなく、警察が犯行のいきさつなどについて詳しく調べています。
9/17(土)「STVニュース」  9/17(土)10:09更新

北海道