ニュース

NEWS

姉妹都市提携50周年 秋元札幌市長 独・ミュンヘン市を訪問

札幌市の秋元市長と議員訪問団12人はドイツのミュンヘン市で現地時間16日に開かれた姉妹都市提携50周年の記念式典に参加しました。

秋元市長は「コロナの影響で行き来ができない日々が続いていたが、今後我々の交流がより活発になるよう、共に手を携えていきたい」と話しました。

また同日、秋元市長らは市内にあるオリンピアパークを視察し、1972年に開催されたミュンヘンオリンピックの施設後利用について学んだということです。

秋元市長は今回の出張に合わせて、スイスの国際オリンピック委員会を訪れる予定でしたが、日程が合わず見送られました。

秋元市長は、17日に開幕するビール祭り・オクトーバーフェストの開会式に出席後、帰国予定です。
9/17(土)「STVニュース」  9/17(土)18:56更新

北海道