ニュース

NEWS

【オータムフェスト中止】台風14号あす北海道に最接近 土砂災害など警戒

すでに本州では被害を出している大型の台風14号。

交通機関の運休やイベントの中止など、北海道内でもすでに影響が出始めています。

きょうこれからあすにかけて、浸水や土砂災害などに警戒が必要です。

大型の台風14号は今後、本州付近を東北に進み、道内ではきょう夕方から雨風が強まる見込みです。

道内であす正午までに予想される24時間降水量は、

多いところで日本海側で120ミリ、太平洋側では150ミリなどとなっています。

道外ではすでに大荒れとなり、宮崎県などでは緊急安全確保が出されるなど、大きな影響が出ています。

道内で予想される最大瞬間風速は、あすにかけて日本海側、太平洋側ともに30メートルと予想されていて、

大荒れとなるおそれがあります。

道はきょう午前9時から災害対策本部を設置しました

(鈴木知事)「大雨や強風、高波に警戒する必要ある。最新の気象情報や市町村から発令される避難情報等に十分注意いただき、身の安全を確保する行動をお願いする」

北海道エアポートによりますと、

新千歳空港では関西、九州、中部地域を中心に午後3時点であわせて79便がすでに欠航となっています。

カウンターでは3連休の最終日もかさなり、飛行機の振替などのために列ができていました。

またJR北海道は、あす特急6本を含む42本の運休をすでに決めています。

さらに強風が懸念されることから、開催中の「さっぽろオータムフェスト」は、

あすは終日中止となることが決まりました。
9/19(月)「どさんこワイド179」  9/19(月)16:11更新

北海道