ニュース

NEWS

【酒を飲んで運転、道路を逆走】基準値の約7倍のアルコールで飲酒運転の男を逮捕

北海道・札幌方面中央警察署は9月21日、道路交通法違反の疑いで札幌市内の56歳の無職の男を逮捕しました。男は21日午後8時すぎ、札幌市中央区の道路で、酒に酔った状態で軽乗用車を運転した疑いです。

男の運転していた車は道路を逆走していて、クラクションに気づいた警察官が車を止めアルコール検査をしたところ、基準値の約7倍の数値が検出されたということです。警察官の取り調べに対し、男は通常の受け答えが出来ない状態だったということですが、酒を飲んで運転していたことは認めているということです。
9/22(木)「STVニュース」  9/22(木)7:29更新

北海道