ニュース

NEWS

【旭川いじめ問題】黒蕨教育長が辞任表明 最終報告について会見

旭川市のいじめ問題で、市教委と第三者委員会は最終報告について記者会見を開き、市教委の黒蕨教育長が辞任を表明しました。

(旭川市教育委員会 黒蕨真一教育長)「責任を重く感じており、その責任を取るため本日付けを持って辞職し身を処することとしました」

黒蕨教育長は24日の記者会見で市教委や学校の対応について責任を重く受け止め辞任を表明しました。

旭川市の中学校に通っていた廣瀬爽彩さんは去年3月、公園で凍死した状態で発見されました。

最終報告書で、廣瀬さんへのいじめと自殺の因果関係は「不明」と結論付けた理由について、

第三者委員会は「廣瀬さんが亡くなる直前の状況が分からず、いじめが原因と断定できなかった」と説明しました。
9/24(土)「Going!Sports&News」  9/30(金)17:09更新

北海道