ニュース

NEWS

「うっかり」間違った液体入れ…水産加工会社工場で塩素ガス発生 職員4人がのどの痛みなど軽傷

きょう(2024年7月11日)、北海道稚内市末広町5丁目の水産加工会社の工場で、有毒ガスが発生する事故が起きました。

11日午前8時ごろ、この工場の職員から消防に「ガスが発生した」と通報がありました

警察によりますと、ガスが発生したのはホタテを洗浄するための液体をつくる装置で、職員が誤った液体を配合し、強い毒性を持つ塩素ガスが発生しました。

この事故で、工場にいた職員8人が自力で病院を受診し、そのうち4人がのどの痛みなど軽傷です。

警察の調べに対し、作業にあたった職員は「うっかり間違えた」と話しているということです。

07/11(木) 12:39

北海道