ニュース

NEWS

送金9回1286万円「暗号資産儲かる」札幌の50代女性投資詐欺被害きっかけはやはりSNS 

札幌・中央警察署は2024年7月10日、札幌市中央区の50代女性が投資詐欺の被害にあったと発表しました。

警察によりますと、女性は5月、マッチングアプリを通じて知り合った日本人の男を名乗る人物と、SNSのメッセージでやり取りを重ね「暗号資産が将来的に儲かる」などとうその投資を持ちかけられました。

女性は6月、相手が指定した口座に5万円を振り込んだところ、それよりも多い金額が女性の口座に入金されました。

この投資話を信用した女性は、さらに金額を増やして送金をしましたが、「金を引き出すためには海外の税金がかかるので追加で送金が必要」と伝えられたといいます。

女性は指示された金額の送金を計9回にわたって繰り返しましたが、その後、相手との連絡が途絶え、不審に思った女性が警察に相談したことで事件が発覚しました。

被害総額は1286万円に上ります。

警察は、SNSで知り合った相手から現金を要求された場合は詐欺を疑い、専用電話「#9110」まで相談するよう呼びかけています。

07/10(水) 18:16

北海道