ニュース

NEWS

「心配で寝れなかった」住宅裏で土砂崩れ 雷雨から一夜 浸水した店舗で後片付け 北海道小樽市

きのうの北海道内は大気の状態が非常に不安定となり、雷や激しい雨に襲われました。

その影響で土砂崩れなどが発生し、小樽市ではけさから被害状況を調べています。

コンクリートの外壁が崩れ、家の裏手まで流れ込む土砂。

小樽市の一部地域では、きのうの大雨の影響で土砂崩れなどの被害が発生しました。

(住民)「心配で寝れなかった。朝5時ごろ目が覚めた」

現場では朝から市の職員が訪れ、被害状況の調査が行われています。

(小樽市 上石明副市長)「今回の被害の現状把握をきちんとして、その後、各被害状況に応じて市としてどういうことができるのかを検討していきたいと考えています」

小樽市の中心部では、けさも後片付けに追われていました。

(円甘味 堀井久志社長)「これ見てよくわかると思いますけど(水が)この辺まで来ていた」

市内の菓子店では店の前の道路が冠水。

店の中にまで水が押し寄せる事態となりました。

(円甘味 堀井久志社長)「私は小樽で生まれて小樽で育ったんですけど、こんなのは初めてなのでびっくりですね」

大雨の影響はきょうも続いていて、JR北海道ではけさから宗谷線や根室線などで特急4本を含む22本が運休となっています。
9/13(水)「STVストレイトニュース」  9/13(水)11:56更新

北海道