ニュース

NEWS

基準値の3倍越え 飲酒運転し3台絡みの事故起こす 男(62)を現行犯逮捕 札幌市手稲区

札幌・手稲警察署は2月11日、酒気帯び運転の疑いで札幌市手稲区に住む男(62)を現行犯逮捕しました。

男は11日午後5時すぎ、札幌市手稲区手稲本町1条4丁目の市道で酒気を帯びた状態で車を運転した疑いが持たれています。

警察によりますと、男の運転する軽乗用車が信号待ちのため停まっていた原付バイクに追突し、さらにそのはずみで、原付バイクが前の別の軽乗用車に追突する3台絡みの事故が発生し、警察官が臨場。

その際、男から酒の臭いがしたため警察官が検査を実施すると、男の呼気から基準値の3倍を超えるアルコールが検出されたことから事件が発覚したということです。

この事故によるけが人はいませんでした。調べに対し男は「飲酒運転したことは間違いない」と容疑を認めています。

警察は男が飲んだ酒の量や車を運転した目的などについて調べています。
2/12(月)「STVニュース」  2/12(月)7:25更新

北海道