ニュース

NEWS

道内ニュース

クマ1頭を猟銃で駆除 住宅街出没の個体と確認 北海道札幌市

8/14(水)「STVストレイトニュース」
連日、クマが出没していた札幌市南区の住宅街近くの山で、14日朝、クマ1頭が猟友会によって駆除されました。このクマは、住宅街に連日姿を現していた問題の個体であることが確認されました。
 
札幌市南区藤野の住宅街では、14日午前4時ごろ、道路を歩くクマの姿を取材班のカメラが捉えました。出没はこれで9日連続となり、ヒトに危害を与える危険があることから、札幌市が猟友会などと、このクマを追っていました。その後、午前6時すぎ、近くの山中で姿を確認し猟銃によって駆除しました。
(札幌市環境共生担当課 金綱良至課長)
「本日(午前)6時6分に、ヒグマ、メス1頭を捕殺しました。その後、専門家により問題個体と確認しております」
札幌市によりますと、このクマは体長1.4メートル 、8歳ほどのメスで、先週6日から札幌市南区藤野の住宅街に連日、出没し、木の実を食べるなどしていたほか、住民と接触しそうな事態も起きていました。