ニュース

NEWS

道内ニュース

「燃料タンク付近から火が出ていた」深夜の高速道路でトレーラーが炎上 8時間通行止めに 北海道北広島市

9/10(火)「STVストレイトニュース」
北広島市の道央自動車道で9日夜、走行中のトレーラーがガードレールに衝突する事故があり、トレーラーが炎上しました。この事故で、道央道は10日の朝までおよそ8時間にわたり通行止めになりました。

深夜の高速道路をふさぐように燃え上がる大型トレーラー。事故があったのは北広島市の道央自動車道で、9日午後11時半ごろ、札幌方向に走っていたトレーラーがガードレールに衝突して、その後、炎上しました。トレーラーは宅配物を運ぶ途中で、運転手の53歳の男性は逃げて無事でした。運転手の男性は「逃げるときに燃料タンク付近から火が出ているのが見えた」と話しているということです。この事故で、道央道は10日午前7時すぎまで、およそ8時間にわたり通行止めになりました。